一戸建てではデザイナーズ住宅も人気|おしゃれな生活

ソファー

選択肢は豊富です

一軒家

街並みの違いを知ろう

私は川西市での新築一戸建ての購入を検討したことがあります。その時の経験から言えば、まずは現地を見に行くことが大切です。川西市は南北に長く、市役所周辺の中心市街地と能勢電鉄沿線のニュータウンでは街並みが大きく異なります。中心部は大きな商業施設が集まっており、便利でにぎやかです。一方、ニュータウンは商業施設は少ないですが、緑豊かで閑静な住宅街となっています。ご自身の通勤や買い物、子育て環境といった購入条件をしっかりと考え、現地を見ながら購入エリアを絞っていくと良いと思います。川西市内では、地元の不動産業者が、新築一戸建ての建売販売をしています。ニュータウン地域は、30〜40年前に建てられた家が中心で、ちょうど建て替えの時期を迎えているため、解体して土地を売る事例も多いようです。注文住宅を建てたい場合も、土地は見つけやすいと言えるでしょう。

開発による変化にも注意

川西市で新築一戸建てを購入する場合、近年の開発によって、かつてとは道路事情や街並みが大きく変わっていることを押さえておきましょう。市役所の周りでは、大きな工場跡地の再開発によって、公園や商業施設の整備が進められています。今後、ますます便利で暮らしやすい地域に発展していくことが見込まれ、新築一戸建ての建売販売も増えていくことでしょう。また、約20年前に川西能勢口駅とニュータウンをつなぐバイパスが開通しました。これにより、不便だと言われていた萩原台や清和台などのニュータウンと中心市街地のアクセスが大きく向上しました。萩原台や清和台は、便利になった割に土地の価格がそれほど上昇しておらず、狙い目のエリアと言えます。